• 太陽光の最高の相方はオール電化

    • 太陽光発電を自宅に設置するならそれとセットでオール電化を導入するのはかなり効果的です。


      これは最近注目度がアップしているサービスでもあり、本当に効果が高いです。
      太陽光は太陽の光を自宅の光熱費として使うことが出来ます。

      オール電化は火を使わずにすべて電力だけで稼働させるというサービスです。


      太陽の力で貯めたエネルギーをそのままオール電化で必要となる電力に流し込み、それを自宅の光熱費として使うことで、月々の光熱費はかなり安くなってきます。


      太陽光とオール電化は必ずセットで同じタイミングで導入しなければならないことはありません。

      例えば、太陽光を設置している状態で後からオール電化を導入することが出来ますし、逆のケースも可能です。また、オール電化はすべてを電力で補うわけですが、自宅の中でもガスコンロだけは火にするという選択も出来るため、色々と生活を考えながら好ましいサービスを選んでいくことが出来ます。毎月、電気代やガス代が高いという家庭にとって、この二つのコンビを導入しますとかなり出費を抑えることが出来るようになります。
      業者にこれらのサービスの相談をするとき、実際にはどのくらい光熱費を抑えることが出来るのかしっかりと計算してもらうことが出来るので、相談をする時は月々の現在の光熱費の金額や家族の人数、使用することが多い家電など、様々な情報を準備して提供するようにしましょう。

      本当にメリットが高いコンビネーションです。

      太陽光発電が注目される前から、太陽の光を利用した太陽熱温水器というものがありました。


      太陽熱温水器は太陽の熱で水を温め、お湯としてそれを用いるというものです。

      屋根に置くソーラーパネルも、貯水タンクも、ホームセンターに売られているもので自作できることから、DIYの一環としてやってみる人が最近増えているそうです。
      これを太陽熱利用と言い、新エネルギーの1つとして太陽光発電と同様の扱いがなされています。

      そのため、ソーラーパネルの設置などには補助金も出ます。

      このように太陽光発電が主流になる前から日本では太陽の光を応用したものが出ています。太陽光発電の最大のメリットは売電にあります。
      余った電力は電力会社に売り、天気が悪い時は自給した電力を補う程度だけ電力を買えばいいのです。もちろん初期設置費用が大変なのですが、こちらも補助金などが出るため、だいたい10年で元がとれるといいます。もちろん、1度設置しておけばそれでいいという代物でなく、メンテナンスを常日頃していないと発電効率が落ちてしまうこと、雪が降ると太陽光パネルが壊れたり、すぐ下に落下し下の土地に影響が出ることなど、一応のデメリットもあります。
      しかし、それを差し引いても、この発電方法はクリーンエネルギーとして全世界で人気です。

      そして、日本でも商業施設には必ずソーラーパネルがある状況でもあります。


      もっともっと増やし、クリーンエネルギーで支えられる時代にしていかないといけません。











      https://m3q.jp/t/2024

      http://tsutaya.tsite.jp/search?dm=0&ds=0&st=0&ic=3&gl=EXT000073X2P

      http://chiebukuro.yahoo.co.jp/tag/tags.php?tag=au%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3

  • 関連リンク